会社案内

歯車で社会に貢献、生かされていることに感謝

創業以来60年の道のり出発点は、ベルト掛け旋盤で鋼材の突っ切り加工や大八車での運搬などであった。歯切り加工(S35年~)、一人多台持ち操業(S44年~)、エンジン・ミッションギヤへと特化して1個流し生産方式(S50年~)によるライン作業とし、今日に至っています。

この間、世界への貢献絶大な基幹企業をお客様として持てるようになったことは、特筆すべきことであり、感謝致しております。

当社は、これらのお客様の社会的貢献の一翼を担うと考えており、社員全員がその責任を痛感しています。

「NC旋盤、MCを使いこなせても汎用旋盤は使えない」では物づくりの基本が欠け、応用が効きません。ベルト掛け旋盤からスタートしてIT技術を駆使するに至った今日、技術・技能の基本を継承・発展させて行くことを社員全員が肝に命じなければならないと考えています。

このことはあらゆる物づくりに通じることであり、その過程は人材育成に少なからず貢献すると信じています。

我々は人材育成こそが将来にわたり、社会貢献を果たすための礎であると認識し、取組んで行きます。

なお、天然資源の乏しい我が国のこれからの進むべき方向は、使い捨て社会ではなく循環型社会を目指さなければならない。と同時に、地球環境に優しい光、風力などの代替資源の利用による電力により、埋蔵量に限りのある化石燃料使用比率を下げて行くことが地球の存続に直結するものであると認識しています。これらの事業にも大いに貢献されているお客様であり、心強く思っています。